入会のご案内

私たちと一緒に、子どもの考える力を伸ばす教育・単なる知識の詰め込みではない教育の可能性を探究してみませんか。
当研究所では、レディネス数感学習の方法に興味を持たれた先生、実際にレディネス数感学習の教材・教育方法を試してみたいとお考えの先生方のご入会をお待ちしております。

セミナー・勉強会

レディネス数感学習についてより詳しく知ってためのセミナー・勉強会を随時開催しております。
入会された先生にはご案内を差し上げます。

セミナーの様子はこちらからご覧いただけます。

図形指導プログラムの提供

レディネス数感学習の図形指導プログラムを提供いたします。研修会で学習していただいた内容は、その日から教室で使用することができます。

概要

 

I.図形指導プログラム提供の形態

  1. 初級プログラム(対象幼稚園から小学校全般)
  2. 上級プログラム(初級終了者)

II.契約の方式
契約料+研修費+年間サポート費

  1. 契約料(テリトリー費含む)3年更新
    1教室目     10万円(更新料3万円)初級プログラム研修費含む
    2教室目以降   3万円(1教室あたり)(更新料1万円)
  2. 研修費
    初級・上級とも各2日間(前期+後期)で10万円/1人、二人目から半額
  3. 年間サポート費(訪問サポートあり)
    1教室目    10万円
    2教室目以降  3万円(1教室あたり)

図形指導プログラムについて

この図形指導プログラムは、数や図形に対する数理的感覚を遊びを通して養い、将来算数好きな、算数に強い子どもに育てることを目標に作られました。
子どもに数読みを教えるご父兄は多いのですが、図形の指導までは容易ではありません。しかし、算数は数と図形のバランスのとれたものでなければなりません。レディネス算数では、サイコロや色板などの玩具を教具として数と図形のバランスのとれた遊びを、手を使って楽しくさせます。たとえば、幼児は丸を書きたがりますが、うまくかけません。レディネス算数では、色板を組み合わせて正しい円や三角形を作らせます。手を使って作る工夫が必要なのです。レディネス算数とは、数遊びや図形作りを楽しくさせるために、知的刺激を与え、それに対する子どもの反応を見ながら、新しいヒントを与えたり、試行の軌道修正を促したりして学習を成立させてゆく新しい教育方法です。

色板の特長

レディネス教育の最大の特徴は、実験道具を手で操作し、試行錯誤を経て答えを見つける、あるいは答えを作り出すまでの過程における、手で考えることの重視にあります。
1の大きさの△色板と2の大きさの△色板とを組み合わせた図形で、その大きさが3であることを確かめさせ、しかも、同じ大きさの3の図形でも、組み合わせ方を変えると異なる形になることを経験させた幼児とそうでない幼児を比べると、前者の方が遥かに数理的能力は伸びています。この能力の伸びこそ、将来数理的創造性につながるものです。

お問い合わせ